ツアー体験談

鶴木 みぎわさん (JECA中野島キリスト教会)

イスラエルは、私に必要な時が来たら、神さまが必ず行かせてくれる場所とずっと信じていました。いろいろな奇跡が重なり、今回、神さまがその時を与えてくださり、イスラエルに招いてくださいました。このような機会を与えてくださったBFP、足長おじさん、そしてかげで祈ってくださった方々に心から感謝いたします。

初日の荒野の壮大さは、忘れていた大地のありのままの美しさを全身で感じる時でした。普段都会の忙しい景色、狭い空の下から、飛行機に乗って、最初に行った場所が荒野で本当によかったです。渇ききった地面を歩きながら、聖書の世界に一歩足を踏み入れていくワクワクした思いでした。その時、ガイドの享子さんが「耳をすましてみてください」と言うので、おしゃべりをやめて耳をすませると、遠くからかすかに聞こえる水の音。この荒野に流れる美しい泉、命の音。水がこんなにもうれしくて、ありがたいことを、初めて感じた時かもしれません。その水は冷たく、透き通っていて美しい。こんな乾いた地のどこから来るのか、神さまのつくられた大自然の素晴らしさに、主を仰ぎました。

三日目の聖日の朝に、アルベル山に登りました。この時期に来れたことは本当に祝福でした。至る所に美しい花、見たこともない花が咲いていて、他の時期はほとんど緑がないというのが不思議な感じでした。イエスさまもここを歩かれたんだろうか、ここを触られたんだろうか、同じ景色を見ていたんだろうか、そんなことを思いうれしい気持ちで登っていきました。大宣教命令を弟子たちに語られたこの山の頂上で礼拝しました。主に心からの賛美を捧げているとき、まるで天国にいるような、イエスさまや弟子たちと一緒に賛美しているような感覚になりました。ずっとずっとここで賛美していたいと思いました。

今回私の中で最も感謝だったことは、バスの中で、遺跡の中で、自然の中で、街中で、ホテルで、毎日みんなと賛美し、祈り、礼拝を捧げられたことでした。今、私が一番渇き、求めていたことでした。チャプレンの大矢先生のメッセージを通して、毎日神さまから多くの語りかけ、気付き、ビジョンを示されていき、本当に多くの祝福の時間でした。

イスラエルに行く前、イスラエルのために祈りながらも、今一実感できていない部分がありました。でも今回、それをとても実感する旅となりました。ユダヤ人の悲しい迫害の歴史、特にマサダでの集団自決、そしてホロコースト記念館は大きな衝撃でした。なぜ神さまはこのようなことを許されたのか混乱しましたが、聖書の成就のため、御国が近付くため、神さまはどんな思いで、この歴史を見てこられたのかと苦しくなる思いでした。今でも自分たちは世界から嫌われていると思い、新約聖書は悪魔の書だと信じているユダヤ人の方々への、祈りの必要を痛感する時でした。そして聖書の中で預言されていることの成就が、この現在もなされているということに大きな感動を受けました。

ホロコースト記念館の日の夕方、ベンヤフダ通りでストリートライブをしました。この小さな者のタラントを主が用いてくださる感謝な時でした。歌い始めると、周りにはたくさんの人が集まってきて、その中にユダヤ人もいました。その方々の顔を見ながら歌っていたら、何とも言えない熱い思いが込み上げてきました。「私たちはあなたを嫌ってません。愛しています。祝福します。」この思いを受け取ってほしいと心から思い、心から祈りながら歌いました。

以前から東北の被災地でよく歌うようになった「北国の春」を、今回ストリートと女子高訪問の時とフードバンクで歌わせてもらいました。最初は福音とは全く関係ないけど、日本の紹介ということで歌うことになりましたが、懐かしいふるさとへ思いをはせ帰りたいと願う、そんなこの曲の歌詞を思う時、イスラエルで歌うことを神さまが喜ばれていると感じ、とても不思議な気持ちでした。日本の東北の地、そしてイスラエルの地は、全く違う痛みではありますが、悲しみの共通点を見つけたような気がして、余計にイスラエルの地を祝福したいという強い気持ちにもなりました。

この旅で多くの尊い出会いがありました。全身全霊でたくさんのことを教えてくださったお母さんのような享子さん、愛にあふれいつも元気をくださるB.F.P. スタッフ、みことばとビジョンをしっかりと心に届けてくださった大矢先生、いつもシャーロームと笑顔で迎えてくれる運転手のザヒールさん、本当に素晴らしい方々でした。

そして、同世代の素晴らしい献身者の仲間と出会え、旅行中一緒に笑い、賛美し、分かち合うことができたことは大きな恵みでした。この出会いはこれからの私の人生の宝物です。

これからもイスラエルの祝福のため祈り続けます。感謝。

イスラエルツアーに関する資料請求・お問合わせ イスラエルツアーにご関心のある方は、こちらからお問合わせください

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.