ツアー体験談

山川 この美さん (金武バプテスト教会)

「道のない所に道をつくりなさい」 去年イスラエルで神さまは私にそう語ってくださいました。それから、4カ月。私は献身を決意し、長年勤めていた会社を辞め、その翌日にZIONツアーに参加することになりました。

新しい一歩を踏み出す一歩目がイスラエルからスタートする・・・。まるで、これから始まる献身の道は、神さまによって一つ一つ進められていくのだと語られている気がしました。

献身を決意した私に神さまは、イスラエルで何を語ってくださるのか・・イスラエルで何を教えてくださるのか・・楽しみでもありましたが、心のどこかで不安もありました。でも、イスラエルに着くとその不安は一気になくなり、神さまの愛しているイスラエルにまた帰って来られた。それだけで感動しました。

2月のイスラエルは、花や景色がとても綺麗でした。イスラエルは花が咲く時期が決まっているので、イエスさまが「野の花を見なさい」と言われたのはこの時期だったのかなーと、2千年前の様子を思い浮かべながら、今この場所でその体験ができる恵みを実感しました。

また、イスラエルは完璧な国というよりは、どこか適当で日本では考えられないようなことがよく起こります。でも、そんなイスラエルやユダヤ人をツアー中、ずっと愛おしく感じていた時、神さまは完璧なイスラエルを愛しているのではなく、そのままのイスラエルを愛していること。間違いや失敗を沢山し続け、今でもそれが続いているけれど、それでもイスラエルを見放すことはせず、神さまご自身の心臓のように今もイスラエルを愛していることを教えてくれました。それが分かった時、神さまは私のこともこのように愛してくださっているのだと教えてくれました。完璧じゃなくても良い、ありのままのあなたを愛している・・。いつの間にか神さまの前でも完璧な私でなければ…ちゃんとしなきゃ…と思っていた自分に気が付かされました。神さまの前では素直でいいんだ・・ありのままで愛されていたことを思い出し、私の心は本当に解放され、慰められました。

「母がその子を慰めるように、わたしはあなたたちを慰める。エルサレムであなたたちは慰めを受ける。」(イザヤ66:13)

また、エルサレムで印象に残っている場所の一つはヴィア・ドロローサという場所でした。そこはイエスさまが十字架を背負われ歩かれた場所とされています。今回はヴィア・ドロローサで十字架を背負いながら歩く体験をしました。十字架のレプリカは、それほど大きいものでは無かったのですが、担いでみると予想以上に重く、イエスさまが担いだ十字架が思い起こされました。イエスさまが担がれた十字架は、今私が担いでいる十字架よりも、きっと大きくて重くて、しかもイエスさまは体中傷だらけでこの十字架を背負われ歩かれた。当時はもっと足場も悪かっただろう。周りからは見せ物にされ。誰もイエスさまに近付くものもいない。イエスさまはどんな思いでこの十字架を担いで歩かれたのですか・・・?イエスさま、どうして、何のためにこんなに苦しい思いをしたのですか・・・?そうイエスさまに問いかけると、神さまのもの凄い愛が私の内側からあふれ出てきました。イエスさまの十字架の苦しみは私の罪のためだった。私の中にある汚い罪のせいで、イエスさまはこんなに苦しまれたんだ・・。 

イエスさまの十字架と愛の大きさが自分の中で薄れていたことに気が付かされました。そんな私を神さまは責めるのではなく、深い深い愛で私を包んでくれました。

献身を決意したけれど心のどこかで不安で怖くて恐れていた私に、神さまが一番教えたかったことは、神さまの深い愛だったのだと教えてもらいました。また、これからイスラエルのために仕えていく私にとって、もう一つ教えられたことは、救いが一方的な神の恵みとして与えられように、イスラエルを愛する愛は、神さまが一方的に私に与えてくださったということを改めて教えてくれたのです。神さまがくださったイスラエルを愛する心を大切にして神さまが見る目でイスラエルを見て、理解し、愛し、祈り、支援し、イスラエルのことを伝えていきたいと思いました。

そして、イスラエルで素晴らしいメンバーたちに出会い一緒に時間を過ごすことができ、お金では買えない宝物を神さまから頂いた気がします。
イスラエルで得たすべての栄光を主にお返しします★

イスラエルツアーに関する資料請求・お問合わせ イスラエルツアーにご関心のある方は、こちらからお問合わせください

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.