ツアー体験談

山本 愛先生 (豊田ホープチャペル)

今回のツアーは、神さまからご褒美をいただいたような旅でした。私は現在、エルサレムのフードバンクで長期ボランティアとして奉仕をしています。4度目のイスラエルで、初めてのツアー参加でした。ちょうど春の花が咲き始めたころで乾季には見られない草花が、私たちを歓迎するかのように美しく咲いていました。

日本から来られたグループに合流する日、いつものようにフードバンクで仕事をして、その後ウルパンでヘブライ語の授業を受けてから、ベングリオン空港へ向かいました。シェルートという乗り合いミニバスに私以外は皆、正統派の人々が乗車しており、英語とヘブライ語の会話が行き交う中、疲労でうとうと眠りながら移動しました。空港では友人のツアーガイドさんたちと合流し、ヘブライ語を教えてもらいながら、皆さんを待っていました。しばらくするとBFPの岡田さん率いる、総勢21名の日本人グループがやって来ました。私はこうして、チームZIONに加わりました。

初めてのイスラエルツアーは、ほぼ同世代の牧師、献身者の皆さんと共に聖書の地を巡り、感動も喜びも笑いも分かち合えた一週間でした。私は東北から参加された先生たちと同じ班になったのですが、被災地の現状をお聞きすることができ、今どのように祈るべきか教えられました。イスラエルは日本から距離的には遠いかもしれませんが、東北の復興と人々の救い、そして教会の働きが祝福されるようにお祈りしています。イスラエルに来てから7カ月が経過する中で、ツアーで励ましと力をもらい、すっかりリフレッシュされて感謝でした。

ナザレ、カペナウム、ベツレヘムはこのツアーで初めて訪れることができました。普段何気なく歩いているエルサレムの旧市街でも、ガイドさんの説明で初めて知る情報がたくさんありました。イスラエルに来ると本当に、聖書の世界がより鮮やかに身近に感じられます。

特に印象に残ったのは、北部フードバンクから支援先小学校を訪れたこととユダの荒野体験です。カーミエルのフードバンクからはエルサレムへ定期的に食品が届けられますが、私たちは北部へはなかなか行けないので、彼らの働きを見ることができて、また共に祈る時間が与えられて感謝でした。バスの中で片言のヘブライ語と歌を練習して、私たちは小学校を訪れました。子どもたちが門に並んで待っているのが遠くから見えた時、楽しみにしてくれていたことが分かり、とてもうれしかったです。すごく元気で人懐っこい子ばかりで、一緒にマイムマイムを踊り、その後グループごとに紙飛行機を作りました。紙飛行機の作り方を身振り手振り、片言のヘブライ語で説明していると、私のグループにはロシア系の子どもたちが多いことが分かりました。完成した紙飛行機に日本語で名前を書いてあげると、みんなでうれしそうに校庭へ走って行きました。世界中のクリスチャンが愛を注ぎ、送ってくださる尊い献金が、こうやって子どもたちに届き笑顔にしているのだと思います。彼らの笑顔は忘れられない思い出となりました。

その後、北部フードバンクの皆さんと別れて、一気に南下しユダの荒野へ行きました。着いてすぐに私たちはらくだ乗りを体験しました。らくだの背に揺られながら、「こうやってキャラバンで移動するのは大変だったよね・・・」とアブラハムのしもべの旅を想像しました。この楽しい体験を、ツアーの仲間たちと共有できたことも感謝でした。私たちはたくさん笑い、写真を撮って楽しみました。夜になってからもっと素晴らしい体験が待っていました。携帯電話や時計はガイドさんに預けているので、日常的にどれほど無意識にそれらに気をとられていたか実感しました。私たちは懐中電灯の灯りを頼りに宿泊施設の外へ出て、それぞれがひとり静まって神さまの語りかけを待つ時間を持ちました。灯りを消すと、星がよく見えました。真っ暗な中で、座る場所を探してもごつごつした石があるだけです。神さまと二人きり、その静かな時間の素晴らしかったこと!自分たちの宿泊するテントの灯りと人々の騒ぐ声や音楽が遠くにあり、少し離れると荒野の静寂がある・・・星空を見上げながら、祈りました。このように「離れる」選択をし、静まって主を待つ時間を持つのは日々の生活でも同じだと思いました。

「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。万軍の主はわれらと共におられる、ヤコブの神はわれらの避け所である。」(詩篇46:10-11)

荒野からエルサレムへ上ってきた時、まだ遠くにエルサレムを見て、私の心には大きな喜びと平安がありました。あぁ帰って来たという感じの安堵感は、今の自分の居場所を教えてくれました。私の旅はエルサレムで終わり、チームZIONの皆さんとお別れしました。

自分に与えられた期間、ここで主の兄弟たちに仕え、地の塩、世の光として輝き、愛するイスラエルの人々の心に寄り添いたいと思います。

日本で祈ってくださる皆さんに感謝しつつ。

イスラエルツアーに関する資料請求・お問合わせ イスラエルツアーにご関心のある方は、こちらからお問合わせください

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.