ツアー体験談

田畑歩さん (いずみホープチャペル)

10月27日、ツアー5日目の今日はガリラヤの遊覧から始まりました。実際に乗った船はイエスさまの時代に使われていたような船ではありませんでしたが、ガリラヤの湖上から眺める町や、山などの地形は2000年前と変わっていないと思うと、自分もイエスさまや弟子たちと同じ景色を見ていることにとても感動しました。ガリラヤ遊覧の後に、イエスさまのおられた時代と同じぐらいに使われていた船を実際に見ることもできました。

この日の最も印象に残った場所は、ガリラヤ遊覧の後に訪れたマサダです。マサダの要塞は想像していたよりも高い場所にありました。要塞に行くには、「SNAKE PATH(蛇の道)」というその名のとおり蛇のようにくねくねした険しい坂道を登っていくか、ロープウェイを使って登るかの二つだけしか方法がありません。熱心党員のユダヤ人がここにたてこもっていたころは、ロープウェイはなかったわけですから、要塞に向かう道は一つだけでした。その周りは断崖絶壁です。ここは、歴史上非常に悲惨な事件がおきた場所です。西暦73年、ローマ軍に追い詰められた熱心党員たちは、ローマ軍に降伏するより集団自決することを選びました。この地で約900人以上のユダヤ人が集団自決により命を落としました。現代のイスラエル軍の新隊員たちは、マサダで入隊式を行い二度とマサダの悲劇を繰り返さないことを誓うそうです。私たちも、イスラエルに平和が訪れることを祈ります。

この日の最後のイベントは死海浮遊体験でした。死海はあまりにも塩分濃度が高いせいで体が沈まずに浮くのですが、はじめは自分の体のバランスを取るのに苦労しました。本当に浮き輪を付けているように体が浮きました。貴重な体験ができました。

イスラエルツアーに関する資料請求・お問合わせ イスラエルツアーにご関心のある方は、こちらからお問合わせください

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.