ホーム知る・学ぶティーチングレターバックナンバー > 置換神学とは? Part-2

ティーチングレター

置換神学とは? Part-2

BFP編集部 2002年10月

BFP編集部2002年10月

先月号のパート1では、「置換神学」という用語について学びました。簡単におさらいしてみましょう。この神学は、教会創成期に入り込んだもので、「教会はイスラエルに取って代わった。ゆえに神の祝福はすべて教会のものであり、すべての呪いはユダヤ人のものである。したがって、聖書に書かれている契約と約束は、今は教会だけのものとなった」という教えです。この教えによって、悲しいかな西欧のキリスト教国は、ユダヤ人にとって最大の敵であり、迫害者という立場につくことになりました。そして、約17世紀にもわたる反ユダヤ主義という過ちに陥ってしまったのです。パート2では、この教えが新約聖書の教えにそぐわないものであるということを、みことばから学んでまいりましょう。

スペインの宗教裁判では、異端とされたユダヤ
人の処刑に、教会の重職が参加していた。
好んで行われていた拷問は、レンガの窯で犠
牲者をゆっくり焼き殺すというものであった。
(1840年の銅版画)

新約聖書は「反ユダヤ主義的」なのでしょうか?

皆さまは、新約聖書のみことばが、反ユダヤ主義の根拠として使われてきたことをご存じでしたか。しかしその新約を書いたのは誰であろう。神から言葉を託されたユダヤ人にほかなりません。ですから新約中の厳しい議論は、ユダヤ人を否定し、拒絶するものではなく、彼ら自身への内部告発なのです。厳しい批判の箇所でさえ、原語に戻ってよく読むなら、特定の集団や宗教家を指していることがわかります。例えば、イエスはパリサイ人を非常に厳しく糾弾しましたが、同時に、彼らについてこう言っておられます。「律法学者、パリサイ人たちは、モーセの座を占めています。ですから、彼らがあなたがたに言うことはみな、行ない、守りなさい。けれども、彼らの行ないをまねてはいけません。彼らは言うことは言うが、実行しないからです。(マタイ23:2-3)。イエスはこのように自己正当化の中で、すっかり「的を外して」いること(これは我々も注意するべきことです)に、激しく心を痛めておられました。

「ユダヤ人はイエス・キリストを拒絶したゆえに呪われた」というこれまでの教えに反して、「教会はユダヤ人を愛するべきです」というのが、新約聖書のはっきりした教えです。エペソ書2章11から18節では、私たち異邦人は、メシアの血潮によって、イスラエルに与えられた契約、約束、希望に近い者とされたと教えています。ローマ書11章21、25節にも、「彼らの違反によって、救いが異邦人に及んだ……イスラエル人の一部がかたくなになったのは、異邦人の完成のなる時まで……」とあります。また、イスラエルに対する「神の賜物と召命とは変わることがありません」(29節)というみことばのゆえに、やがて「イスラエルはみな救われる」(26節)時がくるのです。こうしてみことばが裏付けているように、神とイスラエル、そしてユダヤ人との関係は永遠に変わることがないのです。

私たちクリスチャンは、ユダヤ人が「先祖たちのゆえに、愛されている者」(ローマ11:28)であると教えられています。彼らは自分たちへの召しを成就し、福音を世界にもたらすために、選ばれた人々です。彼らは、

1:神のみことばに従順に従い、国々の光となるように

2:神のみことばを受け取り、記録し、聖書を書くように

3:全人類の救いのために

メシアをもたらす管としての民族となるように召し出されました。神とアブラハムの間に成立した、世界への約束の成就がそれです。「地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(創世記12:3)

ユダヤ民族は、その与えられた役割を果たしました。彼らは人々の光とされるために、召された民なのです。過ちを犯すという点で、私たちと全く変わりない人々ではありますが、彼らをとおして神の力が地上に現され、みことばが記され、恵のうちに私たちは聖書を得ることができました。ユダヤ民族をとおしてこの地上にお生まれくださったメシアは、十字架の贖いを成し遂げ、死人の中からよみがえり、天に昇られました。そして、来る日にメシアは再びイスラエルヘ、エルサレムヘ再臨されるのです。

神はイスラエルの地とユダヤ人との間に、永遠の契約を交わされました。その契約は成就され、完成されねばなりません。もしその契約が成就しないなら、聖書はうそということになってしまいます。しかし聖書はうそではありません。神はこれから先も、決してご自分の民をお忘れになったり、根絶やしにされたりすることはありません。もし神がイスラエルヘの約束を履行されないのなら、私たち教会への約束も、守ってはくださらないでしょう。(エレミヤ31:35-37)

1948年、イスラエルの
独立宣言に署名が
なされた。

新約聖書に登場するユダヤ人とイスラエルは、文字どおり彼らを指しているのでしょうか?また、神と彼らの契約は、まだ有効なのでしょうか?

間違いなく、聖書はこの点で非常に明確です。

1:異邦人ではなく、ユダヤ人がイスラエルです。(ローマ9:4)

2:イスラエルは、神の息子としての身分、栄光、契約、律法授与、礼拝、そして約束に、今なお属しています。(ローマ9:4)

3:イスラエルに対する、神の賜物と招命は、取り消し不能です。(ローマ11:29)

4:新約聖書には、イスラエルに関する言及が77カ所ありますが、それを単純に「教会」と置き換えて読むなら、文脈が意味を成さなくなってしまいます。例えばローマ書10章1節「兄弟たち。私が心の望みとし、また彼らのために神に願い求めているのは、彼らの救われることです。」この中の「彼ら=イスラエル」を「教会」に置き換えてみてください。教会はすでに救われた信者の集まりであるにもかかわらず、どうしてパウロが、教会が救われるようにと祈る必要があるのでしょうか。

5:神はアブラハムにカナンの地(イスラエル)を与えると約束されました。詩篇105篇では、この約束が七重に確認されています。これは創世記12章1から3節と同じく、永遠に効力をもつ約束です。

6:イスラエルとユダヤ人への神の約束は、「太陽が昼間を照らし、月と星が夜空を照らすごとくに確かである」(エレミヤ31:35-37)と書かれているほどに、永続的なものです。

7:ユダヤ人が世界各国からイスラエルに戻り、イスラエル国が回復されるという預言、さらに終末に関する数々の預言が、過去120年間の間に、現実に見える形で成就しています。(イザヤ11:11-12、エゼキエル37:1-14、エゼキエル36章、エゼキエル35:1、イザヤ43:5-6、エレミヤ16:14-16、イザヤ60:9-11、イザヤ49:22-23)

8:福音はまずユダヤ人に、それからギリシャ人にも与えられました(ローマ2:9-10、マタイ10:5-7、15:24)。この2つの間には、はっきりとした区別が存在します。ガラテヤ書3章28節「ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、1つだからです。」ここでは、神の御前ではだれもが罪人であり、十字架の贖いと神の恵のゆえに救われ、皆が平等であると書かれています。平等であるという土台の上に、例えば男性と女性、父親と母親、夫と妻……という、はっきりとした区別があるように、ユダヤ人と異邦人にもそれぞれ異なる役割分担が与えられているのです。

教会の役割は何でしょう?

1:「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。」(マタイ16:18)。ユダヤ人であったペテロが、異邦人伝道への啓示を受けたことが、教会のスタートとなりました。エペソ書1章11から14節には、イスラエルとユダヤ人は選ばれしものであり、私たち異邦人はそこに加えられたものであると書かれています。

2:教会はイスラエルへの約束に加えられたのであり、彼らへの契約、約束、望みを分けていただける立場とされたのであって、彼らを押しのけてその位置につくために召されたのではありません。私たちは「接ぎ木され」(ローマ11:17)、「近い者とされ」(エペソ2:13)、信仰によりアブラハムの子孫とされ(ローマ4:16)、キリストによって養子縁組された「アブラハムの子孫であり、約束による相続人です。」(ガラテヤ3:29)。私たちは彼らから「もらいものをしたのです。」(ローマ15:27)

3:教会は全世界に出て行って福音を述べ伝え、あらゆる国民を弟子とし(マタイ28:19-20)、主なる神を、心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、愛し、隣人を自分自身のように愛す(マルコ12:30-31)ように召し出されました。

15世紀、「ユダヤ人は人間の姿を保つために、
クリスチャンの血を飲まなければならないのだ」
と教会が教えた。架空のクリスチャンの少年か
らユダヤ人が血を絞り取っているという虚図。

4:ユダヤ人は、「先祖たちのゆえに」(ローマ11:28)愛されている民族です。彼らに神の愛を示すよう、私たちは召し出されました。なぜなら、彼らがいなければ、異邦人は神のみことばも、ユダヤ人からお生まれくださった救い主も頂くことはできませんでした。私たちは彼らに、神のあわれみを示すように召されているのです(ローマ11:31)。ユダヤ人とイスラエルのために、「祈りなさい」と聖書は命じています(詩篇122:6)。また、物質的援助についても言及されています(ローマ15:27)。そして、彼らを守るために、城壁の上の見張り人とならなければなりません(イザヤ62:6-7)。さらに、私たちはシオンを建て上げるために、彼らのアリヤー(イスラエルへの帰還)を祈り、支援する必要があるのです。(イザヤ60:9-11、エレミヤ16:14-16、イザヤ40::22-23)

5:ローマ11章によれば、私たちは「イスラエルヘの契約」という同じ木に接がれ、神の聖なる樹液を頂いています。私たちが木を支えているのではなく、木が私たちを支えているのです。ですから、神の契約の民であるユダヤ人に対して、威張ったり、高圧的に振る舞ったりすることはできません。(ローマ11:17-18)

教会がイスラエルに取って代わると、何が起こるのか?

1:傲慢で自己中心的になります。

2:ユダヤ人とイスラエルに対して高圧的になります。

3:イスラエルの役割を軽んじるようになり、その役割を全く認めなくなります。

4:これらの結果、言葉や行ないが反ユダヤ主義的になります。

5:今日あるイスラエルとユダヤ人を無視して、聖書の預言を説明することはできません。特に現在イスラエルで成就されている事柄は、彼らの存在なしに理解することは不可能です。

6:ユダヤ人が教会に置き換えられたという解釈では、新約聖書の多くの節が意味を成さなくなります。

7:旧約聖書の重要性を失う可能性があります。多くのクリスチャンが、「自分たちは使徒行伝にあるような、新約のクリスチャンである」あるいは、「新約教会だ」と言います。しかし、初代教会の聖書は、新約聖書ではありませんでした。新約は4世紀になるまで成文化されず、イエスの時代には旧約聖書が用いられていたのです。

8:ヘブライ的・ユダヤ的解釈を失ってしまいます(聖書が書かれた背景や、聖書の行間に詰まっている文化背景を知るとき、さらにイエスヘの理解が深まり、より良い弟子となることができます)。

9:教会やイスラエル、そして全世界に対する預言の成就に参加する機会を逃してしまいます。

教会がイスラエルに結びつくと何が起こるでしょう?

1:ユダヤ人とイスラエルに対する、神の愛と契約に感謝することができるようになります。そして、神の世界救済計画遂行のために、的を射た役割を担うことができるようになります。

2:創世記から黙示録まで、脈絡のないバラバラの文章の集まりとしてではなく、進行形の一貫した神のご計画として読み取ることができるようになります。

3:契約の民に対し、侮辱やさげすみではなく、愛と敬意を表すようになります。

4:旧約聖書、新約聖書の両方を、今日の教会にとって同等の重要性をもつものとして愛することができるようになります。

5:聖書預言が、現実の世界と結びついて意味を成すようになります。そしてイスラエルに対する神のご計画に参加する機会が開かれます。

6:旧約聖書とヘブライ文化を土台とするユダヤ人の著者が、新約聖書を書きました。日本の文化を知らなければ日本人の書く書物を理解できないように、ヘブライ文化を知らなければ、聖書の全容を完全に理解することはできません。しかし、イスラエルを知ることにより、それらの箇所がよくわかるようになります。

もしも教会が初めからこれらの事柄を明確に理解していれば、反ユダヤ的憎悪の伝統が生まれることはなかったでしょう。これにより、ユダヤ人とイスラエルに対する神のご命令に背いただけでなく、私たちは愛の器ではなく、憎しみの器となってしまいました。しかし、私たちの考え方を変え、今日のユダヤ人とイスラエルに対する関係を改善するのに、遅すぎるということはありません。

BFP(ブリッジス・フォー・ピース)は、皆さんに多くの資料やこうしたことに関する学習教材を提供しています。また、今なお愛され続けている契約の民を祝福する好機も提供させていただいています。私たちは自分自身のために学び行なうのではなく、人々に教え分かち合うことで、二千年近くも教会が犯してきた歴史的罪によるユダヤ人の傷を癒し、サタンの働きを打ち砕き、無効にするためにも働いていきましょう。私たちの神はあわれみ深く、贖いとやり直しのチャンスを与えてくださるお方です。

ではまた来月!
エルサレムよりシャロ-ム

記事の先頭に戻る

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.