ホーム支援するエズラ作戦 > プロジェクトレポート

プロジェクトレポート

ロシアから避難するユダヤ人

文:レベッカ・J・ブリマー(BFP国際会長)

戦争という悲しい現実を前にして、心が痛まない日はありません。
その一方、聖書で預言された神の約束の通り、
ユダヤ人たちがイスラエルに帰還してきている様子に心が震えます。

世界中から帰還してくるユダヤ人 ©Eli Mandelbaum/The Jewish Agency

昨年は、ウクライナのユダヤ人を無事イスラエルに送り届けるため、過酷なまでの救出作戦を展開した一年でした。避難民たちの目に浮かぶ恐怖の色を見るたびに、胸が締め付けられる思いがします。

戦争が生み出すものは、混乱や死、不幸です。今も続くロシアとウクライナの武力衝突を見ても、戦争の恐怖が罪のない人々の心をむしばむことがよく分かります。

21年9月〜22年9月の間にイスラエルに移民してきたユダヤ人の数は、6万3千人以上に上りました。公表された年間移民者数を見ると、当然ながらウクライナからの移民者数が増加しています。しかし、実はそれ以上のユダヤ人がロシアから帰還してきているのです!

エルサレムポストは11月に次のように報じました。「2022年(11月時点)、イスラエルの帰還法に従い、3万2494人のロシア市民(ユダヤ人)がイスラエルに帰還しました。2021年のロシアからの帰還者数7800人と比べると、その差は歴然です。さらに、ウクライナから1万4450人、北アメリカから3280人、フランスから1957人、エチオピアから1474人がイスラエルに帰還してきました」。この数字は、2021年比で200%以上の伸びを示しています。

現在ロシアに住んでいるユダヤ人は約60万人です。そのうち少なくとも4万人がロシアを離れるべく準備中です。彼らがロシアを離れる理由は、ウクライナ系ユダヤ人とは異なります。ロシア系ユダヤ人が恐れているのは、男性たちがロシア軍に大量招集されることです。加えてこのような社会不安が起こると、歴史的に反ユダヤ主義が再燃し、ユダヤ人がスケープゴートにされることが繰り返されてきました。彼らは、その反ユダヤ主義の再燃を一番恐れ、その渦に巻き込まれる前に国を出たいと悲痛な思いを味わっています。

また、経済的な困窮も理由の一つです。諸外国から受けている経済・金融制裁は、市民の暮らしに暗い影を落としています。さらに、ロシアのプーチン大統領と今回の戦争に反対を表明している人たちは、報復を恐れています。いずれにしても、誰もが一様に危険を感じていることに変わりはありません。

イスラエル政府関係者も懸念していることがあります。昨年10月、私はある関係者と話をする機会がありました。彼の話によると、これまでモスクワからイスラエルまでの直行便(エルアル・イスラエル航空)は週2便しか運航していませんでした。幸い便数は増加傾向にあったそうですが、今は多くの航空会社がロシアからの飛行をストップしているか、ロシア上空を飛ぶことを避けています。

昨年、ロシアでは30万人が動員されました。そのため兵役を回避して国外脱出しようとする人々が増えています。結果、航空券の値段は高騰し、完売状態が続いています。一時は値段が、日本円にして1枚当たり数十万円にも値上がりしました。感謝なことに、今は値段が落ち着いてきています。

ロシアからイスラエルまでの飛行時間は比較的短く、4〜5時間しか掛かりません。移民たちが飛行機に乗った後は、ロシアで感じていたストレスは一気に消え去るでしょう。代わりに、今度は身寄りのない新天地での生活に対する不安が襲い始めることになります。

BFPはヤド・ラオリムとも協力し、
新移民を支援しています
Photo by Michio Nagata/bridgesforpeace.com

この危機的状況にあってイスラエルが助けを求めた先が、友人である私たちクリスチャンでした。今後イスラエルが4万人のユダヤ人をロシアから救出し、受け入れるには、天文学的な費用が掛かります。新移民の多くは、資産を置いてイスラエルにやって来るため、基本的にゼロから生活を立て上げていくことになります。

私は、ロシア系ユダヤ人のために声を上げ続けます。彼らが切望しているのは、無事に避難すること、そしてイスラエルでの新たな生活に向けた緊急支援です。皆さんのご支援は、一人ひとりの必要に応じ、さまざまな方法で彼らを助けるために用いられます。具体的には、移動費用や食料・日用品などの購入費用です。

恐れるな。わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは東からあなたの子孫を来させ、西からあなたを集める。北に向かっては『引き渡せ』と言い、南に向かっては『引き止めるな』と言う。わたしの息子たちを遠くから来させ、娘たちを地の果てから来させよ」(イザ43:5〜6

皆さんからの尊いご支援を受け、私たちは引き続き旧ソ連圏の国々(ウクライナとロシアを含む)、南アメリカ、エチオピア、インドなど世界中から帰還してくるユダヤ人たちを支援し続けてまいります。こうして、彼らが約束の地に住むという、神がお与えになった約束は果たされていくのです。

ユダヤ人を祖国に連れ戻すという主の約束に、ぜひ皆さんも参加しませんか。ご支援に大小はありません。お一人おひとりのご支援が、神の国の計画に対する投資なのです。今こそ、私たちが立ち上がる時です!

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656(平日10時~17時)
Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.