ホーム知る・学ぶイスラエル料理 レシピバックナンバー > カボチャとニンジンのスープ クミン風味

イスラエル料理 レシピ

カボチャとニンジンのスープ クミン風味

カボチャとニンジンのスープ クミン風味

寒い日に温かいスープをユダヤ人の友人がつくってくれました。合理的で、一つのスープを離乳食と大人用に。それぞれ濃度や味付けを変え、大人には、糖化を防ぎ、美容に効果のあるクミンやシナモンを加えています。

<材料>(カボチャ約半個分)
A タマネギ(薄切り)中1個
B セロリ(薄切り)1/2本〜1本
 (お好みの量)
C ニンジン(薄切り。
  皮付きでも可)
160g(カボチャ重量の
20〜23%)
D カボチャ(皮と種を
  取り除き薄切り)
800g
E オリーブオイル適宜
F 水適宜
G ブイヨン、コンソメ
  などスープのもと
適宜
H 塩、コショウ適宜
I クミンパウダー小さじ1/4程度
(お好みで適宜)
J シナモン小さじ1/4程度
(お好みで適宜)
K あればイタリアン
  パセリ(飾り用)
適宜
L あればカボチャの種
  (飾り用)
適宜
  1. 中火で鍋を熱し、Eを入れ、Aを加えてしんなりするまで炒める。
  2. Bを加え、さらに炒める。
  3. Cを加え、油がなじむ程度に炒める。
  4. Dを加え、全体に油をなじませる。
  5. Fをヒタヒタになるまで注ぎ、沸騰させる。あれば、ローリエやタイムを1枝加える。
  6. 弱火にし、Gを加えて混ぜる。
  7. 途中、あくが出たら取り除き、野菜が柔らかくなるまで火を通す。
  8. 火を止め、粗熱を取る。冷めたら、ミキサーにかける。
  9. ドロドロの状態になったら、水や牛乳で好みの濃度に調整し、加熱。
  10. H〜Jで味付け。
  11. お皿に移し、K、Lを飾って盛り付け。
お料理ひと言メモ
煮込む時にローリエやタイムを加えると、風味が良くなります。

コクがほしい場合は、仕上げにバターを適宜加えるといいです。

ここではバターナッツ・カボチャを使用しています。種は殻ごとオーブンで火を通すと香ばしくなります。殻を除いた種はおいしく、飾り用としても使えます。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.