イスラエル料理 レシピ

ナスのシランソース

ナスのシランソース

イスラエルの人々もよく食べるナス。多くの調理法がありますが「シラン」と呼ばれるナツメヤシのシロップを使った、甘酸っぱくてピリッとする味付けが夏にぴったりの炒め物をご紹介します。

<材料>
A ナス
 (中くらいの物。縦に切る)
2本
B にんにく
 (中央の芯を除き、薄くスライス)
1片
C 鷹の爪
 (お好みで大中小。薄く輪切り)
1個
D シラン
 (お料理ひと言メモ参照)
大さじ1
E レモン汁大さじ1
F クミンパウダー
 (お好みで増減)
小さじ1
G オリーブオイル
 (ナスの大きさに合わせる)
大さじ3〜4
H 塩(お好みで加減)少々
I 白コショウ
 (お好みで増減。黒コショウでも可)
少々
J イタリアンパセリ
 (粗みじん。お好みで増減)
少々
  1. フライパンにB、C、Gを入れ、ペペロンチーノをつくる時の要領でじっくりと全体的にフツフツとするまで熱する。
  2. Aを加えて焼く。途中、油が足りないようであれば少しずつ加える。
  3. D、Eを加え、ナスに絡める。
  4. F、H、Iを加え、全体になじませる。
  5. Jを加えて完成。
お料理ひと言メモ
1/2程度に煮詰めたバルサミコ酢をシランの代用として使えます。この場合、レモン汁は不要です。業務スーパーやネットなどでクリーム状になったバルサミコ酢が入手可能ですので、量は加減しながらこちらを使ってもいいでしょう。また、黒蜜とレモン汁を使ってもいいかもしれません。シランはネットで個人輸入できますので、ご興味のある方は検索してみてください。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.