ホーム知る・学ぶイスラエル料理 レシピバックナンバー > ほうれん草のブリンチェス

イスラエル料理 レシピ

ほうれん草のブリンチェス

ほうれん草のブリンチェス

シャブオット(五旬節)には、乳製品をいろいろなお菓子にして食べる習慣がありますが、健康志向が高まる昨今、食事としてのブリンチェスも多く登場しています。以前掲載した生地をそのまま使用し、トマトソースで食べるレシピをご紹介します。

<材料>(つくりやすい分量)
<ブリンチェスの生地> (約15枚分)
A 卵 Lサイズ(室温に戻しておく) 2個
B 塩 少々
C 牛乳(室温に戻しておく) 200ml
D 薄力粉(ふるいに掛ける) 100g
<ほうれん草とモッツァレラチーズの具>
A 玉ねぎ(5㎜大に切る) 中1/2個
B ほうれん草(さっとゆで1cm幅に切る) 1束
C モッツァレラチーズ
  (約5㎜の厚さで2cm大に切る)
200g
D バター 適宜
E 塩、コショウ 適宜
F ナツメグパウダー
  (お好みで。多めに入れると本場っぽい)
適宜
<トマトソース>
A 玉ねぎ(みじん切り) 中1/2個
B カットトマト缶か、紙パック 300ml
C 塩、コショウ 適宜
D オリーブオイル 適宜
  1. ブリンチェス
  2. 卵2個を溶きほぐし、B、Cを加え、Dを加えてよく混ぜる。
  3. ダマの無い状態になったら、冷蔵庫で30分以上寝かせ、焼く前に室温に戻す。
  4. 直径20cmのフライパンにバターを溶かし、生地を入れ、表裏に火を通す。
  1. ほうれん草とモッツァレラチーズの具
  2. フライパンにバターを溶かし、Aを炒め、Bを加えて炒める。
  3. Cを加え、全体が奇麗に混ざるように炒める。
  4. E、Fで味付け。
  1. トマトソース
  2. フライパンにDを入れ、Aをしんなりするまで炒める。
  3. Bを加え、さらに火を通し沸騰させ、水分を飛ばす。
  4. Cで味付け。
  1. 仕上げ
  2. 生地の中央に具材を棒状に置き、クルッと巻く。お皿にトマトソースを適量敷き、その上にブリンチェス2本を盛り完成。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.