ホーム支援するエズラ作戦プロジェクトレポートバックナンバー > なぜイスラエルを支援するのか?

プロジェクトレポート

なぜイスラエルを支援するのか?

文:レベッカ・J・ブリマー(BFP国際会長)

イスラエルを見る時、神の愛と選びは変わらないことが分かります。
その神の御思いに応えるため、私たちはイスラエルを祝福し続けています。

PhotosbyBFP本部

「なぜ、私たちはイスラエルを祝福するのか」――。これは私が自問していることであり、最近各国支部の局長たちにも問い掛けてみました。自らの動機を探るきっかけにもなるからです。

イスラエルが完璧だから祝福する、というわけではありません。この地に30年以上も住んでいると、イスラエルの長所も短所も見えてきます。また、自分自身の名声や富を求めているからでもありません。もちろん神は、アブラハムとその子孫を祝福する者を祝福すると言われました。うれしい約束です。けれども、それがイスラエルを祝福する私の主な動機とはなっていません。

私がイスラエル国家とその民に仕える理由、それはイスラエルの神を愛しているからに他なりません。神に仕え、その召しに応え、神が愛しておられる人々を愛する。これ以上に重要なことは私の人生には無いからです。

BFP(ブリッジス・フォー・ピース)はイスラエルのために祈ります。ディアスポラ(イスラエル国外のユダヤ人離散の地)からユダヤ人が祖国に帰還するのを支援します。新移民を歓迎し、未亡人や遺児も支援します。困窮者がいれば食料をお渡しし、孤独にさいなまれているホロコースト生存者を励まします。こうした活動を行うのは、ひとえに私たちが神を愛しているからです。神のことばを実現するパートナーとして召されたなら、その召しに応えずにはいられません。神が約束を成就しておられるのを見ることは喜びです。

神がイスラエルのために御業を行われる理由は、エゼキエル書に明らかにされています。それは、主が神であられることを国々が知るためです。

必要を抱えた人々

最近つらい離婚を経験した1人の女性と出会いました。9歳と12歳の2人の子を持つシングルマザーです。彼女には莫大(ばくだい)な借金もある上、コロナ禍のあおりを受けて仕事も失ってしまったそうです。私たちは彼女が住む南部のアラド市と協力し、彼女が再就職をして再び家族を養えるようになるまで支援することを決めました。

ある60代の女性は突然夫を失い、人生が一変してしまいました。ご主人は、新型コロナウイルス関連の病で召されたそうです。書類不備が原因で銀行口座が凍結されてしまったため、生命保険が下りるまでの間、私たちは葬儀費用の一部を支援し、彼女の深い悲しみに寄り添うことにしました。

学校が大好きなリアム

リアムは、BFPのキッズプログラムに加入している少年です。母親はシングルマザーで、苦労しながら子どもたちを育てています。家庭環境が非常に複雑な少年で、兄は法律違反をし、姉は未婚のまま妊娠・出産をし、自宅で子育て中です。家賃を払えず、これまで転々としながら暮らしてきました。環境に苦しむリアムですが、学校が大好きです。おいしい給食が食べられて、必要な物がそろっている学校は、リアムにとって安心・安全な場所。背後で支援してくださるクリスチャンたちは、彼にとって大きな存在です。

ユーリとビクトリアがウクライナから帰還したのは、ちょうど5月のガザ紛争が勃発する直前でした。彼らが引っ越し先に選んだのは、ガザ地区に近いアシュドッド市。帰還からわずか2週間後、ガザからイスラエルに向けて大量のロケット弾が放たれ、10日間も続きました。アリヤー(イスラエルへの帰還)するだけでも大きなチャレンジの中、到着早々恐ろしい体験をした彼らのショックはいかばかりだったでしょう。

このご夫妻に私たちは最近、新移民ウェルカムギフトをお渡しすることができました。興味津々でギフトを受け取ったビクトリア。開けた途端、その顔が一瞬にして輝きました。中身はお鍋やフライパンなどの調理器具です。「これ、とーってもほしかったんです。本当にありがとう!すごくうれしい」。その他にも毛布と2カ国語(ヘブライ語・ロシア語)のタナハ(旧約聖書)もお贈りしました。

9月のロシュ・ハシャナー(ユダヤ新年)には、1400人のホロコースト生存者に食料ギフトをお届けして祝福することができました。ユダヤ新年の伝統食であるリンゴに蜂蜜も添えました。蜂蜜を入れた美しい入れ物は手づくりです。

ここまでご紹介してきたのは、私たちが支援した方々のほんの一例です。世界中から寄せられるクリスチャンたちの支援を通じて、私たちはイスラエルの人々に神の愛を示すことができています。彼らの必要を満たし、暗い状況に光をもたらし、励ましを与える――。こうした活動を通して、神のパートナーとしてみことばの実現のために働き、この世に神を示しています。

共にBFPの活動を担ってくださり、ありがとうございます。皆様のご支援のおかげで、毎月何千人もの方々に食料をお届けし、励ましを与えることが許されています。皆様は、どれほど主を愛し、イスラエルと世界に対する主の目的に献身しておられることでしょう。金額の大小にかかわらず、皆様のご支援は神の国への尊い投資として豊かに用いられています。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.