ホーム知る・学ぶティーチングレターバックナンバー > 聖霊とイスラエル -前編-

ティーチングレター

聖霊とイスラエル -前編-

TEXT:シェリル・ハウアー(BFP国際開発部長)

今月と来月は、「聖霊」について、クリスチャンとユダヤ人がそれぞれどのように理解しているかを学びます。

聖書を信じる者にとって

クリスチャンにとって聖霊との関係は、新生(救い)と共に始まり、神の子どもとして新しくスタートする生活の養育係として深められていきます。使徒たちの書いた新約聖書にはクリスチャン生活と教会における聖霊とその働きについて、90回以上にわたって記されています。

タナハ(創世記〜マラキ書)の中に「聖霊」ということばはイザヤ書に2回、詩篇51篇に1回出てくるだけで、合計3回しか現れません。しかし、「主の御霊」、「神の御霊」、「わたしの霊」、「神の霊」、「さばきの御霊」、「知恵の霊」、「あなたの御霊」など、使われている用語は違っても聖霊を指すことばは100回以上出てきます。このことからも、創造の初めから神と人との関係の中で聖霊の働きが欠くことのできないものであったことは明らかです。ラビ、聖書学者、クリスチャン注解者は皆、聖霊が神と神の民との関係において、地上における神のみこころの成就において、極めて重要な役割を果たしてきたという点で一致しています。

私たちは、神の人が何千年も前に聖霊の力によって語った預言を、主が同じ聖霊の力によって成就しておられる時代に生きています。ユダヤの民が地の果てから祖国に集められているだけでなく、イスラエルは世界の舞台でますます中心的な役割を果たすようになっています。同時に世界各地の教会が、現代のイスラエル国家の重要性に目覚め、多くの人が全く不可能だと思っていたクリスチャンとユダヤ人の和解が進んでいます。このような時代において、ユダヤ人とクリスチャンそれぞれが、主の御霊とその働きについて、どう理解しているのか知っておくことは重要です。

御霊の働き

あるクリスチャン注解者は聖霊の働きとして、慰め、励まし、啓発、教えを挙げ、また別の人は刷新、回復、啓示、贖い、内住と罪の自制を付け加えています。ユダヤ教起源のもののほとんどは、預言と預言の成就、神のみこころの啓示とそれを成し遂げる力を聖霊の臨在の重要な働きとしています。

今日のユダヤ教の中には、キリスト教のペンテコステ派やカリスマ派のように、「御霊の賜物」と呼ばれているものに対して強い信仰を持っている流れがあることを情報としてお伝えしたいと思います。元国会議員、ラビ・ベニー・エロンはユダヤ教徒ですが、そのような確信を持っていました。ラビ・エロンが癌の治療中だったとき、彼は、ユダヤ人、クリスチャンを問わず聖書を信じているすべての友人に電話をし、主の御霊がエロンにふれて癒やしが起こるよう祈ってほしいと連絡しました。

すべての始まり—ペンテコステ

多くのクリスチャンはユダヤ教に誕生日があることを知ると驚きます。それに対してユダヤ人は、その誕生日が教会の誕生日でもあることを知ってショックを受けます。レビ記23章16節で、イスラエルの民はペサハ(過ぎ越し)から7週間、もしくは50日数えた後、次の祭りを始めるよう命じられました。この祭りはヘブライ語ではシャブオット(7週の祭り)と呼ばれていますが、今日では多くのユダヤ人とクリスチャンはこの祭りをペンテコステと呼んでいます。これはギリシャ語で50日目を意味するペンテコストスという言葉から来ています。

シナイ山頂からの景色 Photo by Wikipedia

シャブオットは、ユダヤ教にとって、シナイ山でモーセにトーラーが与えられたことを記念する祭りです。出エジプト記には、ここでユダヤの民は初めて主のみ声を直接聞いたと書かれています。民は山に近付いた時、雷といなずま、火と煙、角笛の音、地震(出エジ19:8全山が激しく震えた)に迎えられました。主の圧倒的な力に民は恐怖に襲われました。ここで全宇宙の神が、ユダヤの民に御自分のみおしえであるトーラー(創世記〜申命記)を与えられたのです。そして民に神が何者であり、神と関係を持つために何が要求されるのか正確に語られました。これはまた民を通して全人類に告げられたことでもありました。民は主の語られることにすべて聞き従うと言って応えました。これはイスラエルの歴史にとって重大な瞬間で、今日でもユダヤ教の誕生した日として祝われています。

シャブオットはまた古代イスラエルの毎年恒例の三大巡礼祭の一つでした。この祭りの時にイスラエル人男性はエルサレムの神殿に上ることが義務付けられていました。それは大きな喜びと礼拝、そして共同体の祝いの時でした。国中のユダヤ人が主のみことばに従って聖なる都に集まったのです。イエシュア(イエス)の時代には、すでに多くのユダヤ人がイスラエル国外に住んでいましたが、多くの人々が、可能な限り、これらの三回の祭りの時にエルサレムを目指したのです。

今日キリスト教はプロテスタントだけでなくカトリック、聖公会、ルター派、東方正教会も含めてほとんどの教派が何らかの形でペンテコステを祝っています。ペンテコステは教会の誕生というキリスト教史の重要な分岐点を記念するものだからです。

イエスの十字架と復活が起こった過ぎ越しの祭りから50日が過ぎました。イスラエルには主に従う多くの人々がいましたが、この7週間の間に「教会」と呼ぶことができるほど意義のある動きはありませんでした。しかしシャブオットの祭りの時、弟子たちはイエスに指示されたとおりに、みなが一つ所に集まって待ち望んでいたのです。すると突然、猛烈な風のような大きなごう音が天から聞こえてきました。そこには火も伴っていました。

シナイ山でのトーラー授与を記念するために集まっていたユダヤ人男女が、この出来事によってその当時のことを思い浮べたことは間違いありません。しかしそのような知識でさえも次に起こった出来事への備えにはならなかったことでしょう。炎のような分かれた舌が現われて、一人ひとりの上にとどまり、弟子たちは聖霊に満たされました。弟子たちは主の力強い御業を宣言するために他国のことばで話し、預言し、癒やしと回復をもたらす力が与えられました。そして神の御霊によって導かれ、守られる共同体として生活する力が与えられたのです。ユダヤ教の誕生を記念する日にキリスト教もまた誕生したのです。

タナハの中の聖霊

使徒の働きを見ると、イエスを信じる初代の信者たちは、それまでと同様のユダヤ人共同体の中で、ユダヤ教の一派として、他のユダヤ人と共に神殿に集まっていたことが分かります。しかし、この二つの共同体をばらばらにする出来事が何度も起こりました。置換神学によってクリスチャンは、「神がユダヤ人との契約を無効にされたのでユダヤ人は永遠に裁きの下に置かれる」という確信を持つようになりました。クリスチャンの間で反ユダヤ主義が蔓延する道筋が付いたのです。時間がたつにしたがって、タナハは旧約聖書なので今日の信者にはさほど重要ではなく、新約聖書こそが大切だと教える人が多くなりました。聖書が歴史的背景のもとで理解されなくなったため、クリスチャンは、聖霊は「新約時代の」現象であって、古代イスラエルではあまり活動していなかったと信じるようになったのです。

しかし、聖書はどう言っているでしょうか。「旧約聖書」には聖霊があまり現れないとクリスチャンが信じ込むのは興味深いことです。聖霊について最初に書かれている箇所は創世記1章2節です。それ以降にも「主の御霊」はタナハの中にしばしば登場し、マラキ書2章15節で最後にも引き合いに出されています。創世記1章2節、ヨブ記33章4節、詩篇104篇はすべて、創造と新生が主の御霊の働きであることを明確にしているのです。

指導的職務もまた聖霊の力によってユダヤ人に与えられました。モーセとモーセを助けた70人の長老たちは全員聖霊を受けていたので、荒野でイスラエルの民を治めることができました。主は約束の地に民を導き入れるため、ヨシュアを選ぶようモーセに命じました。それはヨシュアが「神の霊の宿っている人(民数27:18)」だったからです。サウル王やダビデ王が民を導き、戦っていくさに勝つことができたのは聖霊の油注ぎによるものでした。オテニエル、ギデオン、エフタそしてサムソンはみな聖霊の力の元で指導し、裁きを行いました。また幕屋とその器具を作った職人たちも、聖霊の油注ぎの元で仕事をしたのです。ここからも聖霊の働きなしでは、神に仕えることができないことがわかります。

来月もさらに聖霊について掘り下げていきます。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.