プロジェクトレポート

警告の声

文:レベッカ・J・ブリマー(BFP国際会長)

世界の混乱を見る時、私たちは自分の無力さを覚えます。
しかし、偉大な神は私たちの弱さのうちに働かれます。
大切なことは、私たちが具体的な一歩を踏み出すことです。

Photo by Mollyroselee/pixabay.com

神はしばしばイスラエルの預言者たちを用いて、破滅が差し迫っていることを警告されました。今日、注意や警告を促す多くの声が上がり、行動を起こすようにと呼び掛けられています。

75年前に終結した第二次世界大戦は、史上最大の血の海をもたらしました。600万人にも及ぶユダヤ人の組織的な殺害もその中に含まれます。かつてイスラエルに敵対していた国々が今、和平の手を差し伸べている一方で、いまだ戦いの太鼓を打ち鳴らし、騒ぎ立てている人々がいます。世界は依然として新型コロナウイルスの世界的大流行の影響下にあり、混乱が支配し、憎しみの扉は封鎖されていません。

  • イランを代表する核科学者モフセン・ファクリザデ氏が遠隔操作兵器で暗殺されたことを受けて、イランはイスラエルに厳しい報復を行うと脅しています。
  • レバノンの「ヒズボラ」やガザ地区を実効支配する「ハマス」などのイスラムテロ組織は、憎悪の言葉を繰り返し、若者をテロ行為に駆り立てています。
  • 反ユダヤ主義が増加傾向にあります。米国ユダヤ人委員会の反ユダヤ主義に関する報告書によると、ユダヤ人の避難場所であるアメリカにおいても、ユダヤ人住民の37%が公の場でユダヤ人だということを隠していることが明らかになりました。
    既にヨーロッパでは、石を投げられたり、リンチに遭ったりするため、多くのユダヤ人男性が公の場でキッパ(ユダヤ教徒の男性が頭に付けるかぶり物)を着用できません。ドイツの治安機関の責任者は、ドイツ国内で反ユダヤ主義のレベルが上昇していると述べました。専門家によると、そのレベルは第二次世界大戦以降、最も高いそうです。
  • コロナウイルスの影響を大きく受けたイスラエルでは、失業率が上昇しています。

行動に召されたクリスチャン

ホロコーストが発生した時、多くのクリスチャンがユダヤ人の命を救うために行動を起こしました。特にフランス在住だったベルトさんの証言は忘れられません。ナチスの手を逃れた彼女は、クリスチャンだった1人の未亡人によってかくまわれました。このクリスチャン一家はわが身を危険にさらしてでも、当時まだ幼い子どもで、命の危険にさらされていたベルトさんを救ったのです。この未亡人が救い出した子どもは1人だけだったかもしれません。そのため、オスカー・シンドラーやラウル・ワレンバーグ、杉原千畝、またコーリー・テン・ブームのように、広く世界に知られた存在ではありませんが、ミシュナー(口伝律法を編さんしたユダヤ教の教典)は「1人の命を救う者は、世界全体を救ったと見なされる」と教えています。

後にベルトさんはイスラエルに移住し結婚。子どもや孫、さらにはひ孫にも恵まれました。ベルトさんを助けた未亡人の行動は、結果として17人の命を救ったことになります。偉大な計画を実行することは時に不可能に思えるかもしれません。けれども、私たちは皆、何かしらの行動を起こすことができます。そうする時、神が共に働かれ、その行動を用いて多くの人々を救ってくださるのです。イエスさまの周りに5千人の人々が集まり、食べ物が手元に無かった時、1人の若者が自分の持っている物を差し出しました。捧げた物自体はわずかでしたが、これを用いてイエスさまは大勢の人々を養われました。

世界中を闇が覆う今、神を信じる真の信者たちが立ち上がり、彼らを通して神の光が輝く時が来ました。

ブリッジス・フォー・ピース(平和の架け橋)

私たちBFP(ブリッジス・フォー・ピース)は、どんな困難があろうとも、どんな危険があろうとも、イスラエルの神そしてイスラエルの民と共に立ち上がることを決意しています。

反ユダヤ主義が再び頭をもたげている今、私たちは反ユダヤ主義に立ち向かいます。必要を抱えているイスラエルの人々に愛をもって手を差し伸べ、食事を備え、励まし、老朽化した家を修理し、孤独なホロコースト生存者を助け、子どもや未亡人、孤児、移民、嘆き悲しむ人々を助けます。イスラエルに来ることのできない旧ソ連の忘れ去られた高齢ユダヤ人にも助けの手を差し伸べ続けます。神がユダヤ人を追っ手から救い出されているように、私たちもユダヤ人が祖国に帰還することを支援し続けます。テロや戦争で被害を受けた人々も助け続けます。こうして、クリスチャンの光を輝かせ続けていく所存です。

私たちはイスラエルに代わって声を上げ続けます。主が私たちに与えてくださった声を、これからも主の栄光と目的のために使ってまいります。

Photo by Jenna Solomon/bridgesforpeace.com

共に手を取り合って

困難な時代にあっても神は背を向けられることなく、愛をもって御手を差し伸べておられます。そして、神の計画推進のために捧げるクリスチャンを増やしておられます。皆様がこのような信仰の英雄の1人となってくださっていることに感謝を申し上げます。

私たちがイスラエルの人々に手を差し伸べることができるのは、皆様の祈りとご支援のおかげです。金額の大小にかかわらず、皆様のすべてのご支援は大切な贈り物です。自分の行動が些細(ささい)なものに思える時があるかもしれません。しかし神は、私たちの捧げ物を増やし、多くの人々を養うことがおできになる方です。

皆様が希望されるBFPプロジェクトか、あるいは「必要のために」を選び、ぜひご支援いただけましたら幸いです。これは神の国への投資です。私たちBFPは皆様から頂いたご支援を忠実に賢く使うよう努めてまいります。

神、イスラエル、ユダヤ人、そしてBFPに対する皆様の忠実さに、私たちは日々感謝せずにはいられません。私たちは皆様のために神に祈っています。神が皆様を危険からお守りくださいますように。皆様がイスラエルを祝福するように、皆様も祝福されますように(創12:3)。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.