プロジェクトレポート

神に投票しましょう!

文:レベッカ・J・ブリマー(BFP国際会長)

昨年の米大統領選は世界中の注目を集めました。
2021年、私たちは神とそのご計画に1票を投じ、歩んでまいりたいと願っています。
皆様が投じる1票は、確実にイスラエルに変化を起こしています。

左:Photo by Africa Studio/shutterstock.com
右:コロナ禍にあってもBFPは支援を継続しています Photo by Daniel Kirchhevel/bridgesforpeace.com

世界の政治情勢を見る時、クリスチャンが市民としての責任を果たすことがどれほど重要であるかをますます実感する日々です。私たちは、自分たちが住む地域社会や国において、神のために、そして聖書的価値観のために立ち上がるべきです。そのための一つの方法が投票です。私は投票ができる年齢になって以降、重要な選挙において投票を欠かしたことはありません。

現代社会においてさまざまな文化が衝突しているのを見る時、対立の時代に足を踏み入れたことは明らかでしょう。神は今に至るまで働いておられます。しかし、神と神のやり方を憎む者たちもまた全面戦争を展開しているのです。私たちがしっかりと神の陣営に身を置く時が来ました。神と神のやり方に賛成票を投じる歩みをしなければ、反対票を投じる人生を歩むことになります。

2020は波乱に満ちた年でした。その一方で、神の民が神に立ち返ってきた年でもあります。C・S・ルイスが語ったように「痛みとは、耳の聞こえない世界を呼び覚ますための神のメガホンである」。私たちは今、この言葉が現実のものとなるのを目撃しているのではないでしょうか。BFP(ブリッジス・フォー・ピース)に届くすべての郵便物、Eメール、ご支援などを見て分かることは、神の民が呼び覚まされているということです。クリスチャンがイスラエルと共に立つのは、イスラエルが神にとって重要な存在であることを認識し始めたからです。

昨年も、皆様がBFPとイスラエル、そしてイスラエルの神と共に立ってくださったことに感謝を申し上げます。皆様は、イスラエルを覚え、神と神の計画に1票を投じた方々です。私たちは共にイスラエルで本当の変化を起こしています。皆様が捧げ、祈ってくださったのと同じように、私たちBFPのクリスチャンチームもまた、愛をもって手を差し伸べるという自らの責任を真剣に受け止めています。

イスラエルにおける神のチームの一員として、私たちは神の御声に耳を傾け、私たちの取扱説明書である神のみことばを読み、神に喜ばれる行動を取るためにできる限りの活動をしてきました。毎月2万2千人以上の方々に食料を提供し、何千人ものユダヤ人がアリヤー(イスラエルへの帰還)をするお手伝いをしています。コロナ禍で救出作戦にも影響が出ましたが、不思議なことにコロナ以前よりも多くの人々が帰還を希望しています。国を越えることはいつでもできることではなく、帰還できる時にしなければ、できなくなってしまうかもしれない…という危機感が世界に散っているユダヤ人の間に広がったからです。コロナウイルスによって、「わたしはあなたがたを諸国の間から導き出し、すべての国々から集め、あなたがたの地に連れて行く」(エゼ36:24)というみことばが後押しされている現状に、私たちはすぐに応答し、彼らを救い出しています。

また、恵まれない家庭の子どもたちも支援し続け、食料、ノートパソコン、タブレット、本、必要な物資をお届けしています。ホロコースト生存者に配達する何千もの食料品袋も準備し、花や毛布をプレゼントし、頼まれ事もこなします。愛と励ましを示すためにできることがあるなら、何にでも取り組んでいるのです。イスラエルに到着する新移民に対しては、ウェルカムギフトをお渡しして歓迎の意を表します。二度のロックダウンで、主要産業である観光業が完全にダメになり、未曽有の失業率を記録する中にあっても、イスラエル政府は新移民を受け入れています。自分たちがどんなに苦しくても、「帰りたい…」と言う同胞を受け入れないという選択肢はイスラエルには無いのです。だからこそ、私たちもウェルカムギフトと共に、両手を広げて彼らを迎えています。

彼らが私たちのところに来ることができないのであれば、私たちのほうから出向きます。最も困難な年の一つとして記録されるであろう昨年1年間も、私たちは未亡人、孤児、一人親家庭を支援し続けました。

キリスト教界に対しては、イスラエルからの教材やニュースを提供し続けています。同時に、聖書通読を継続しています。メディアにはいろいろな情報があふれています。何が正しくて何が間違っているのか、見分けるのが非常に困難な時代です。だからこそ、今まで以上に私たちのすべての基準となるみことばが重要になってきます。聖書を読むことは信仰のための修行ではなく、未来のための防災だと思います。その通読を、世界中の愛するファミリーと継続することは、私たちの使命の一つだと考えています。

こうした活動が許されているということは特権です。それぞれの行為が神に投票する1票だったと言えるでしょう。皆様と世界中の何千人ものクリスチャンが捧げ、祈ってくださったからこそ可能となった活動でした。

困難な中にあっても、私は神と共に立つことを選び続けます。どんな困難が襲っても、世界中の経済が苦境に陥っても、神はBFPに誠実を示し続けてくださいました。霊的な戦いは続いています。今こそクリスチャンは、これまで以上に神と共に立つ必要があります。

Photo by Jenna Solomon/bridgesforpeace.com

イスラエルでは、国民の20%以上が仕事に就くことができず、困難な状況に置かれているのが現状です。率直に言えば、私たちはこうした人々からの要求に圧倒されています。しかし、神の民である皆様がこれからもイスラエルを祝福し続け、神に1票を投じてくださると信じています。お祈りとご支援と愛をありがとうございます。どのプロジェクトを支援したらいいのか、ぜひ神にお尋ねいただけたら幸いです。

未来が不確かな中にあっても、イスラエルの神は私たちと共にいてくださると確信しています。神が皆様の必要を満たし、皆様とご家族を守り続け、皆様が希望を持って2021年を過ごせますよう心からお祈り申し上げます。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.