ホーム祈るハイメール通信 登録・停止バックナンバー > ハイメール通信No.730 BFP南アフリカ支部より、緊急祈りの課題

ハイメール通信

ハイメール通信No.730 BFP南アフリカ支部より、緊急祈りの課題

------------------------------
ハイメール通信No.730 2021.7.16
------------------------------
BFP南アフリカ支部より、緊急祈りの課題
------------------------------

城壁の見張り人として、祈りでつながる国際支部の一つ、BFP南アフリカ支部より、緊急の祈りのリクエストが届きました。

南アフリカでは、長年貧富の差が激しく、政府は汚職で腐敗し、多くの人が電気も水道も通らない劣悪な環境での生活を強いられてきました。新型コロナウイルス感染拡大による度重なるロックダウンにより、失業率は32.6%(2021年第1四半期)、経済は大打撃を受けました。そんな中、汚職疑惑をめぐる調査への協力を拒否したとして、有罪判決を受けたジェイコブ・ズマ(Jacob Zuma)前大統領が7月7日に収監。これを引き金に、大規模な暴動が全土に拡大しています。当初はズマ氏の支持者による抗議デモでしたが、次第に支持者と無関係の貧困層の人々も加わり、商店や物流トラックの略奪や倉庫への放火が各地で起こり、14日までに72人が死亡する事態になっています。トラックの略奪により、物流も麻痺(まひ)し、南アフリカ全土で食料不足が懸念されています。暴動と混乱により、コロナのワクチン接種も中断されています。

BFP南アフリカ支部の支援者の中にも、商業施設が略奪される光景を実際目にしてトラウマになっている人や、食料のストックが十分にないため不安の中にいる方々がいます。BFP南アフリカ支部局長に話を聞くと、彼は南アフリカの教会が光となって闇に対して権威を取り戻せるように祈ってほしいと語ってくれました。長年蓄積された社会に広がる闇が今、滝のように噴き出しています。しかし、南アフリカの国民の80%はクリスチャンです。そして、国家としては反ユダヤ主義的政策をとる中でも、危険を顧みずにイスラエルと共に立ち続ける多くのクリスチャンたちがこの国にはいます。主が、今この時、南アフリカの教会とクリスチャン一人ひとりを強めてくださるように。彼らの祈りを主が引き上げてくださり、南アフリカ全土に主の栄光が表されるように、私たちも日本から祈りを共にしたいと思います。皆様のとりなしの祈りをよろしくお願いいたします。

主に信頼する人々はシオンの山のようだ。揺るぐことなく とこしえにながらえる。
詩篇125:1

祈祷課題
1.南アフリカの教会が光となって闇に対して権威を取り戻せるように。
2.暴動や略奪によって実際的な被害を受けた店や人々の心が癒やされ、生活が回復されるように。
3.南アフリカ全土で貧困のサイクルから抜け出せない人々を主が引き上げてくださるように。南アフリカの教会を主が光として用いてくださるように。


B.F.P.Japan
ハイナイト部

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.