ホーム祈るハイメール通信 登録・停止バックナンバー > ハイメール通信No.731 8月東京オープンハイナイト中止のご案内 オリンピックの守りのために

ハイメール通信

ハイメール通信No.731 8月東京オープンハイナイト中止のご案内 オリンピックの守りのために

------------------------------
ハイメール通信No.731 2021.7.30
------------------------------
8月東京オープンハイナイト中止のご案内
オリンピックの守りのために
------------------------------

オリンピックの選手の姿は私たちに大きな力と勇気を与えてくれます。
オリンピック開幕直前には、開閉会式のディレクターが過去のホロコーストを揶揄(やゆ)する発言で、解任される出来事がありました。
しかし、イスラエルの人々にとって、この開会式は、大きな慰めと感動の時となりました。
それは、ミュンヘン・オリンピック事件(1972年)*で犠牲となったイスラエル選手ら11人を追悼する時がもたれたからです。
事件発生以来、49年間、この事件の追悼を嘆願してきた遺族たちの願いが初めてかなえられた形となり、開会式に招待されていた遺族が涙を流し、イスラエル内外でも大きな反響がありました。
イスラエルのベネット首相も公式ツイッターに「本日、オリンピックの開会式史上初めて1972年のオリンピックでの残虐な事件で犠牲になったイスラエル選手団11人に対して、公式に黙とうが捧げられました。この重要で歴史的な瞬間を大歓迎します。この事件が皆さんの記憶に残りますように」と投稿しました。
未曽有のコロナウイルス感染拡大、そして猛暑の中の東京オリンピック。すべての困難を超えて、主が栄光を現わしてくださるよう願ってやみません。

さて、残念ながら8月の東京オープンハイナイトは中止とさせていただきます。ハイナイトの祈祷課題は、下記の通り、B.F.P. Japanホームページに掲載させていただきます。また月刊オリーブライフの「いのちの祈り」もご活用くださり、お祈りをいただけましたら幸いです。

祈祷課題文掲載期間:8月10日(火)12:00〜8月24日(火)12:00

URL: http://www.bfpj.org

「神よ。国々の民があなたをほめたたえ、国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように」詩篇67:3

*ミュンヘン・オリンピック事件(1972年・西ドイツ)
ミュンヘン・オリンピック開催中に発生したテロ事件。PLO(パレスチナ解放機構)の過激派組織「黒い9月」が、選手村を襲撃し、2人のイスラエル人を殺害。その後、イスラエルの選手とコーチ9人を人質にして立てこもり、イスラエル内外の刑務所に収監中のパレスチナ人や赤軍メンバー234人の解放を要求。最終的に警察との銃撃戦になり、3名を逮捕するも犯人8名のうち5名、人質全員と警察側が死亡する最悪の結果となり、ミュンヘン・オリンピックは一時中止となった。事件はテレビの生中継で報道され、国際テロの恐ろしさを世界に見せつけた。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒182-0001東京都調布市緑ケ丘2-40-22

Tel 03-5969-9656 / Fax 03-5969-9657

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.