ホーム支援するエズラ作戦プロジェクトレポートバックナンバー > 帰還ー 神にとって重要なこと

プロジェクトレポート

帰還ー 神にとって重要なこと

文:レベッカ・J・ブリマー(BFP国際会長)

昨年イスラエルに帰還したユダヤ人のうち、最も多かったのはロシアからの帰還者で1万人余り、続く2位はウクライナからで約8500人でした。
イスラエル再建前から既に始まっていたユダヤ人の帰還の波は、今も絶えることがありません。

BFP里親プログラムの支援を受けている家族 ©BFP本部

ここ数カ月、私は神が愛しておられる事柄について思いを巡らしています。神にとって重要なことは一体何なのか、それを知ることを切に願っているのです。聖書を通読していて分かることは、イスラエルとユダヤ人に対する神の愛は聖書を貫く重要なテーマであるということです。神はイスラエルに対して数々の約束をされました。そして、その一つひとつを成就しておられます。現代に生きる私たちはユダヤ人のイスラエル帰還(アリヤー)を目撃していますが、この出来事こそ、神が誠実なお方であることを示す最も偉大な証拠の一つではないでしょうか。

ローマンさんとナタリアさん夫妻は、子どもたちを連れてウクライナからイスラエルに帰還しました。子どもは10代になる男の子と6歳になる女の子の2人です。彼らがイスラエル北部のカーミエルにあるBFP(ブリッジス・フォー・ピース)アシスタントセンターにやって来た時、私たちは新移民ウェルカムギフト(毛布、フライパン、ポット、学用品、ロシア&ヘブライ語の聖書)を渡して歓迎しました。ナタリアさんはまもなく3人目の子となる男の子を出産予定です。ウェルカムギフトを手にした彼女の顔は喜びに輝き、感動していることが手に取るように分かりました。なぜなら、イスラエルに持ってくることができた彼らの荷物は、ほんのわずかしかなかったからです。自宅にはほとんど物が無く、がらんとした部屋を見るたびに、ナタリアさんはストレスを感じていました。私たちがお贈りしたギフトはそのストレスを和らげ、喜びをもたらすことができたのです。

ユダヤ人の帰還は神の約束の成就です ©Ashernet

ウラジミールさんとエレイナさん夫妻は、マキシムとエヴァという2人の子どもを連れてロシアから帰還しました。旧ソ連からの救出活動を行っているBFPのチームが、数々の困難に立ち向かい、この若い夫婦の帰還を実現させました。チームは一丸となって、この家族がユダヤ人であることを示す何百という証拠を集め、経済的なサポートを行い、空港にも送り届けました。現在、別の家族もイスラエルに移り住み、神の民に対する神の約束を実現させています。

ウラジミールさんの祖父はホロコースト生存者であり、多くの人が処刑されたスターリン時代も生き延びた人物です。その子孫である孫夫婦が、ユダヤ人の積年の夢であるイスラエル帰還を果たし、現在イスラエルに住んでいるのです。

幸いなことに、皆様の支援によって帰還してきたユダヤ人が、イスラエル全土に網の目のように広がっています。思いがけない所で、「私はクリスチャンに助けられてイスラエルへ来た!」という人々に出会います。その時の私たちの喜びは言葉に言い尽くせません。逆に彼らもまた言葉にできない喜びを味わっているのです。

その一人が身近なところにいます。ビアナさんは、BFPのツアーを一手に引き受けるイスラエルの旅行社「テーラーメイド」の従業員です。彼女もまた、BFPの支援によって帰還してきました。仕事という枠を超えてその恩を返そうと、ビアナさんはBFPのツアーに無条件で一生懸命仕えてくれます。BFPに助けられイスラエルに到着し、結婚と就職を果たし、この地に根を張ることができたことに感謝して、会社と彼女はBFPの働きに献金までしてくれているのです。

ビアナさんのように、祖国に帰還する人は今も絶えません。こうした帰還民が最も多いのが夏の時期です。9月から始まる子どもたちの学校生活に間に合わせようと、大勢の人々が帰還してくるからです。この時期、飛行場は大勢の新移民であふれ返ります。彼らの移住費用を支援してもらえないかという問い合わせが、私たちBFPの元にも届いています。イスラエル政府の代表者からは、ユダヤ人の帰還を助けるクリスチャンたちの支援に対し感謝の言葉を頂きました。神は、このように私たちクリスチャンを用いてくださっているのです。世界中のクリスチャンたちが神を愛し、自分の人生に対する神の主権に従い、ユダヤ人を祖国に帰すお手伝いをしています。神にとって重要な事柄に私財を投じることは、私たちにとっても喜びです。

BFPのリーダーたちは、何百という新移民家族を空港でお迎えし、歓迎の意を表してきました。それは新しく移住してきたイスラエル人を少しでも励まし、元気付けたいと願うからです。私たちは、世界中の何千人ものクリスチャンたち、すなわち神が重要とされる事柄を支え続ける皆様を代表する気持ちで彼らをお迎えしています。

エゼキエル書39章28-29節で、神は次のように言われました。
彼らは、わたしが彼らの神、主であることを知ろう。わたしは彼らを国々に引いて行ったが、また彼らを彼らの地に集め、そこにひとりも残しておかないようにするからだ。わたしは二度とわたしの顔を彼らから隠さず、わたしの霊をイスラエルの家の上に注ぐ。―神である主の御告げ―

今日、全世界のユダヤ人のうち45%がイスラエル国内に住んでいます。しかしながら、まだ多くのユダヤ人はディアスポラ(イスラエル国外に住むユダヤ人)です。私たちは、これからも彼らが祖国に戻る手助けをしたいと心から望んでいます。神が彼らを祖国に呼び戻されようとする時、経済的な事情でそれが押しとどめられることは何としてでも避けなくてはなりません。

ご支援のお願い

新移民ウェルカムギフト www.bridgesforpeace.com

私にとって最も大切なことは、神のパートナーであり続けることであり、神が重要だと考えておられる事柄に参加し続けることです。ユダヤ人を祖国に連れ戻すという重要な働きに神が用いておられるのは、私たちクリスチャンなのです! 帰還を助ける「救出作戦」そして帰還を果たした人々を助ける「里親プログラム」に、どうぞ皆様の惜しみないご支援をお願いいたします。里親プログラムを通じて最初の1年が支えられることで、彼らはイスラエルに根を張ることができるのです。皆様のご支援は、神にとって重要な事柄をこれからも支え続けていくために用いられます。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
韓国
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.