プロジェクトレポート

感謝でいっぱい!

TEXT.レベッカ・J・ブリマー(BFP国際会長)

世界には食品ロスが問題となっている国がある一方で、イスラエルには明日の食料もままならない人々が200万人以上もいます。多くを与えられた者に、神はいったい何を望んでおられるでしょうか。

BFP イスラエル本部のフードバンクで働くスタッフたち

神が与えてくださっている数え切れないほどの祝福にとても感謝しています。息ができることも全能の神からの贈り物です。一滴の水、一口の食物などすべての良い物は神から与えられます。冷蔵庫を開けるたびに、私は食べ物が与えられていることを神に感謝します。

「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません(ヤコブ1:17)」。

アメリカやカナダでは神に感謝する特別な日が制定されており、毎年秋になると感謝祭をお祝いします。イスラエルでは仮庵の祭りを祝いますが、この祝祭の主旨も神が与えてくださるすべてに感謝することです。こうした特別な季節、BFP(ブリッジス・フォー・ピース)では身近にいる困窮している方々のことを覚え、祝祭用の食事が十分に行き届くよう配慮しています。仮庵の祭りは、すべての男性が捧げ物を携えてエルサレムにやって来る三大祭りのうちの一つです。

しかし、空腹との闘いは祝日に限ったことではありません。事実、聖書には都詣での際、すべての捧げ物が神殿に捧げられるわけではないと書いてあります。十分の一の捧げ物のうちほとんどは、時期を問わず、やもめや孤児など貧しい人に施すために用いられました。

イスラエルでは、人口の25%に当たるおよそ200万人以上が貧困層に該当します。その多くは新移民で、新しい国での生活に慣れるのに苦労しています。中には絶望的な状況で生活しているホロコースト生存者もいます。冷蔵庫を開けても、中にある物といえば……。BFPと協力関係にある市長の話によると、ある新移民の家を訪問した際、冷蔵庫には鍵が掛けられていたというのです。食料を少しずつ小出しにして家族に分けているのです。中には、冷蔵庫に食料が無いばかりか、家すら無いホームレスの人もいます。

なぜ神は祝福してくださるのか?

神が私たちを祝福してくださるのは、もちろん神が愛なるお方だからです。ただ、それだけが理由なら疑問が残ります。神は、他の人たちよりも私たちを愛しておられるというのでしょうか。聖書の中に、大収穫に恵まれた金持ちの話が出てきます。ある年、あまりにも収穫が多く、自分の倉に入り切らないほどだったので、もっと大きい倉を建てて豊富な食物を蓄えておくことが必要だと考えました。しかし、神はこの男性の決断を喜ばれませんでした。なぜでしょう。「神は、私たちを互いに助け合う者としてつくられたからではないか」と私は思うのです。私たちは、恵まれない人たちの必要にもっと心を留める必要があると思います。神が私たちを祝福してくださるのは、自分たちの必要を満たすためだけではありません。他者に愛の手を差し伸べるためです。富むことが問題なのではなく、苦しんでいる人々に無関心であることが課題なのではないでしょうか。私たちが他者を祝福する時、神ご自身の愛を表すことができます。だからこそ、神が私たちを祝福してくださっていると言えるのではないでしょうか。

BFPは食物をもって祝福しています

毎月BFPでは栄養豊富な食物を大量購入し、家族単位に梱包して神の愛する2万2千人以上の方々を支援しています。梱包された食料は愛を込めて届けられます。BFPは各家庭の食料庫を食物で、彼らの心を神の愛で、常に満たし続けたいと思っています。彼らは知るでしょう。神が世界中のクリスチャンの心を動かし、彼らの日常の必要を満たすほどに愛してくださっていることを―。「一人ではない、クリスチャンが共にいる」ということに気付いた時に見せる彼らの笑顔が大好きです。

祝日のご馳走を準備する時、冷蔵庫を開ける時、どうか主に尋ねてみてください。「帰還してくる神の息子、娘たちをどのように祝福したらいいですか……」と。イスラエルのホームレスへ食料支援をするように求めておられるか、食料という贈り物でクリスチャンの愛を示すよう望んでおられるか尋ねてみてください。皆様のご支援によって、確実に食物をお届けすることができます。皆様のご支援により、神が世界の四隅から帰還させている人たちの生活を支援することができるのです。イスラエルの人々を祝福する神のパートナーに、ぜひ加わっていただけませんか。多くの必要があります。支援に大小はありません。

私は神のすべての祝福に感謝しています。今日は、皆様というファミリーを与えてくださっていることを神に感謝しています。「イスラエルの人たちに食料を」という皆様の思いにより、BFPスタッフが愛をもって必要のあるイスラエルの方々に食料をお渡しすることができるからです。神がますます皆様を繁栄させてくださり、その神から頂いた豊かな祝福を必要としている方々にお返しできるようお祈りしております。

ページトップへ戻る

特定非営利活動法人
B.F.P.Japan (ブリッジス・フォー・ピース)

〒130-0012 東京都 墨田区 太平 4-13-2 太平サクラビル 5F

Tel 03-5637-5333 / Fax 03-5637-5331

B.F.P. Global
イスラエル
アメリカ合衆国
カナダ
イギリス&ヨーロッパ
南アフリカ共和国
日本
ニュージーランド
オーストラリア

Copyright 1996- © Bridges For Peace Japan. All Rights Reserved.